Photoshopのシェイプを使ってパスを型抜きする方法

Photoshopのシェイプを使ってパスを型抜きする方法

Photoshopで制作する時にシェイプを使ってパーツを作ることが多いのですが、上手く型抜きが出来ない!という方にもちょっとした参考になると思うので良ければ実践してみて下さい。

シェイプを型抜きする方法

Photoshopパス抜き1

この方法は通常のパス抜きで上手くいかなかった所から生まれました。今回は四角と丸を重ねて丸の部分をまるごとパス抜きする形式をご紹介します。

手順説明

Photoshopパス抜き2
  • まず、四角と丸の重ね位置関係を決めます
  • 次にレイヤーウィンドウから丸レイヤーの「ベクトルマスクサムネール」(赤枠)をクリックします。(クリックしてサムネイルに白枠ができると選択された状態です。)
  • 選択できたら「command(?)+C」でパスをコピー
Photoshopパス抜き3
  • コピーした状態で四角レイヤーの「ベクトルマスクサムネール」(赤枠)を選択し「command(?)+V」でペーストして下さい。ペーストし終わったら丸レイヤーの表示は非表示にしておきましょう。
Photoshopパス抜き4
  • 同じレイヤーに四角と丸のシェイプが配置できたら丸のシェイプのみを「パス選択ツール(白矢印)」で「赤丸」の部分shift+クリックで複数選択して下さい。
  • 選択できたらそのまま「パスコンポーネント選択ツール(黒矢印)」に切り替えます。
Photoshopパス抜き5
  • 「パスコンポーネント選択ツール」を選択するとオプションバーの表示にシェイプの項目ができるので「シェイプから一部型抜き」をクリック
Photoshopパス抜き6
  • 丸の部分がすべて型通りに抜かれました。
Photoshopパス抜き7
  • ただこのままだと不要なパスが残ったままになるので、合体したレイヤーの「ベクトルマスクサムネール」(赤枠)を選択しオプションバーの「組み合わせ」ボタンをクリックして下さい。
Photoshopパス抜き8

そうすると綺麗に抜かれたパスに処理されます。

他にも色々方法はあるかと思いますが、私は今の所この方法で制作をしています。複雑なパスの場合はPhotoshop以外にもIllustratorでパスだけ作って持ってくる対処もしますが、極力Photoshopのみで作りきりたい方にはこの方法が効率的でお勧めです。